鳥取でおしゃれな平屋を建てるには?おすすめの工務店やハウスメーカー3選

公開日:2024/03/14  

鳥取 住まいの相談窓口 おしゃれ 平屋 3選

近年、若年層を中心として平屋が人気を集めています。実際に、2021年に大手ハウスメーカー11社が建てた一戸建てのうち、5軒に1軒は平屋であったとされています。

一昔前までは、平屋と言えば昔ながらの家というイメージが根強く残っていましたが、最近は生活動線がスムーズであることなどから、あえて平屋を選ぶ家庭が増えています。

そこで今回は、鳥取でおしゃれな平屋を建てられる住宅メーカーを3社紹介します。

積水ハウス 山陰支店

積水ハウス 山陰支店の画像

会社名:積水ハウス 山陰支店
住所:〒683-0804 鳥取県米子市米原4-2-27
電話番号:0859-34-2966

積水ハウス 山陰支店について、特徴や魅力を紹介します。

豊富なプランから自由に選べる

積水ハウスは、全国に300か所以上の店舗を展開する大手ハウスメーカーです。鳥取県内には、2つのショールームを運営しており、積水ハウスの家づくりを体感できます。

積水ハウス 山陰支店は、豊富なプランを用意しており、設計の自由度が高いのが特徴です。鉄骨や木造など、さまざまな構造を選べるほか、希望に合わせてカスタマイズが可能です。

また、平屋専用商品として、鉄骨造住宅「平屋の季(とき)」と木造住宅「里楽(りらく)」の2種類を用意しています。それぞれ標準仕様での坪単価は同じですが、コンセプトが異なります。

平屋の季は、「美しい四季の巡りとともに、ゆるやかな時間をたたえる日本の平屋」をコンセプトに掲げています。間仕切りを最小限に抑え、広々とした室内空間を提供しています。

一方、里楽は、木の質感を五感で受けられる住まいとなっています。自然素材である木のやさしさやぬくもりを感じながらも、自由自在な大空間を実現できます。

耐震性にこだわった家づくり

積水ハウス 山陰支店が手掛ける住まいは、住宅性能の高さが魅力です。とくに、耐震性にこだわって家づくりに取り組んでおり、これまで国内で起きた大震災において、全壊・半壊0棟という実績があります。

耐震性を高めるために、積水ハウス 山陰支店では、住宅の各部材で実験を繰り返しています。接合部におけるせん断実験を行うことで、設計上必要とされる強度があることを確かめています。

なお、木造住宅で使われる木材は天然素材なので、バラつきが生じやすいという弱点があります。そこで、積水ハウス 山陰支店では、集成材を採用することで強度の数値管理を可能としており、弱点を克服しています。

そのほかにも、徹底した品質管理体制や直接責任施工などの取り組みによって、頑丈な家づくりを実現しています。

ミサワホーム 山陰店

ミサワホーム 山陰店の画像

会社名:ミサワホーム 山陰店
住所:〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方1-84
電話番号:0857-23-2000

ミサワホーム 山陰店について、特徴や魅力を紹介します。

大きな揺れや繰り返す余震に強い頑丈な住まい

ミサワホームは、全国に展開する大手ハウスメーカーです。住まいに暮らす家族・暮らし・環境・日本の心の4つを「育む」ことをビジョンに掲げ、高品質で資産価値の高い住まいを提供しています。

ミサワホーム 山陰店の住宅は、頑丈で優れた耐震性を強みとしています。その技術力の高さから、南極にある昭和基地の居住棟の建設も任されています。

ミサワホーム 山陰店が手掛ける住宅には、耐震構造の戸建て住宅に制震装置を組み込んだ独自の制振装置「MGEO(エムジオ)」が導入されています。MGEは、2004年に行われた実大振動実験の結果、4日間で計39回の巨大地震に対しても目立った被害がなかったとされています。

構造体の損傷ゼロはもちろん、内装仕上げにも損傷が見受けられませんでした。大きな揺れだけでなく、繰り返される余震にも耐えられるほど頑丈なので、地震の不安を解消できます。

平屋の商品ナインナップが豊富

ミサワホーム 山陰店では、平屋住宅の商品開発に力を入れており、幅広いラインナップを用意しています。それぞれコンセプトが異なるため、ライフスタイルに合わせて選べます。

たとえばCENTURY Stylepro HIRAYAは、4つのスペースが円状につながっており、家族のつながりを常に感じられます。また、リビングとプライベート空間がスキップフロアで設計されているので、豊かな交流の中で子育てをできます。

また、そのほかにもGranlink HIRAYA・SMART STYLE 「A」・CENTURY AreaONE GFなどのラインナップを用意しています。平屋住宅は、効率的に家事ができる上に、開放的な空間を作れることが魅力です。

2階床や2階の自重などの制約がないので、高い天井の大空間も実現可能です。基本的には階段を利用することがないので、事故防止につながります。小さな子どもやシニアがいる家庭にもおすすめです。

ミサワホームの公式サイトでは、これまでの建築実例が写真付きで掲載されているので、実際の暮らしをイメージできます。

大和ハウス

大和ハウスの画像

会社名:大和ハウス
住所:〒683-0801 鳥取県米子市新開5-1-13
電話番号:0859-34-2261

大和ハウスについて、特徴や魅力を紹介します。

ライフスタイルに合わせた自由設計の住まい

大和ハウスは、1955年創業の老舗ハウスメーカーです。注文住宅から賃貸住宅、ゴルフ場など幅広い事業を展開しています。

大和ハウスでは、鉄骨造をメインに住宅を手掛けています。鉄骨造には「自由度の高い間取り」と「広々とした大空間」を実現できる特徴があります。

大和ハウスには、家づくりの専門家チーム「Team-Xevo(チームジーヴォ)」がいるので、間取りにこだわった世界にたった一つの家を作れます。それぞれの家族のライフスタイルに合わせた提案を行っているので、快適な暮らしを叶えられます。

なお、家づくりに使用する部材は、工場で一邸ごとに生産しているので、安定した品質が保証されています。平屋はもちろん、4・5階建てにも対応可能です。

木造と鉄骨の2種類から選べる

前に記したように、大和ハウスは鉄骨造をメインに住宅を手掛けていますが、木造住宅も数多く手掛けています。平屋暮らしの商品としては、鉄骨住宅の「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」と木造住宅の「xevoGranWood(ジーヴォグランウッド)」から選べます。

xevoΣシリーズは、大和ハウスの中でも人気の高い商品です。天井高2m72㎝のグランリビングが特徴的で、広々とした開放的な空間を実現できます。

「涼しげな日陰をつくる軒下や縁側を通して自然と深くかかわり、その快適さを楽しむ家」をコンセプトとして掲げており、室内にいながら四季の美しさを感じられます。リビングからフラットにつながる深い軒は、外からの視線を程よく遮断するので、プライバシーも守られます。

一方、xevoGranWoodは、鉄骨造で培った技術を活かした木造住宅です。国産の木を採用しており、心地良い暮らしを叶えられます。

木造住宅は鉄骨住宅に比べて耐震性に不安を持つ方もいるかもしれませんが、大和ハウスでは高耐震の構造用集成材を採用することで、耐震性を確保しています。また、接合部には大和ハウスオリジナルの接合金物を採用し、より強度を高めています。

ハウスメーカーの多くは、木造住宅もしくは鉄骨住宅のどちらかを得意としていますが、大和ハウスでは、鉄骨造の技術を活かした木造住宅についても開発に力を入れているので、理想に合わせて選択できる点が魅力です。

まとめ

今回は、鳥取県でおしゃれな平屋を建てられるハウスメーカーについて紹介しました。平屋といえば、昔ながらの住まいというイメージが根強いですが、近年若年層を中心に人気が高まっています。

平屋住宅は、生活機能がワンフロアに集結しているので、家事がしやすいというメリットがあります。たとえば、洗濯物を干すために2階に上がる必要がないので、効率的に家事を進められます。

また、リビングと各部屋が隣接しているので、家族の気配を常に感じられる点も魅力の一つです。家族のつながりを感じながら、子育てすることができます。

本記事が参考になれば幸いです。

家づくりにお困りごとや不安はありませんか?
WEBアンケートで調査!「マイホームを購入する前、どのように情報収集しましたか??」
マイホームを購入する前、どのように情報収集しましたか?アンケート結果画像
1位となったのは「住宅メーカーや不動産会社のサイト、パンフレット、モデルハウスなど」で28%でした。一生に一度の買い物ともいわれるマイホーム。直接、ハウスメーカーに話を聞くのは少し気が引けますよね。
そんなときに頼りになるのが、住まいの相談窓口です!住まいの相談窓口は、中立公正な第三者の立場からマイホームに関するあらゆる相談に乗り、理想の家づくりへと導いてくれます。
家づくりでお困りの方は是非一度利用してみてください!
\【鳥取県】地域に密着した住まいの相談窓口はこちら/

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

近年、若年層を中心として平屋が人気を集めています。実際に、2021年に大手ハウスメーカー11社が建てた一戸建てのうち、5軒に1軒は平屋であったとされています。 一昔前までは、平屋と言えば昔な
続きを読む
片流れ屋根は、住宅デザインにおいて魅力的な選択肢として注目されています。そのシンプルな美しさと平屋建築との相性のよさに、多くの人々が魅力を感じています。しかし、この屋根のスタイルには考慮すべ
続きを読む
住宅の購入は一生に一度の大きな投資ですが、その後のランニングコストも見逃せません。毎月の光熱費や保守費用は、家計に重い負担をかけることがあります。しかし、適切な設計と選択肢を考慮すれば、住宅
続きを読む